伊東純也の週刊新潮のX氏は誰?顔画像や名前は?マネジメント会社は?

伊東純也の週刊新潮のX氏は誰?顔画像や名前は?マネジメント会社は?

2024年2月3日、週刊新潮から新たに伊東純也選手の性加害の詳細な内容が報道されました。

報道内容には、新たにX氏が出ています。

そこで、伊東純也選手の週刊新潮のX氏は誰なのか、顔画像や名前について調べてみました。

もくじ

伊東純也の週刊新潮のX氏は誰⁉︎と話題

伊東純也

2024年2月3日、伊東純也選手の週刊新潮の報道に新たにX氏が登場し、話題になっています。

X氏について簡単にまとめると、

  • Aさんは所属事務所社長の会食でX氏と出会う。
  • AさんとBさんの所属事務所社長はタレントキャスティングでX氏に世話になっていた。
  • 大阪の試合観戦の誘いは、番組『とんねるずのスポーツ王は俺だ‼︎』の現場の番組プロデューサーやテレ朝のお偉いさんに紹介することを口実に誘われる。
  • 伊東純也氏がいる飲食店やその後のホテルに案内したのもX氏。
  • X氏が、あたかもAさんの方から伊東純也選手を誘ったかのようにAさんの知り合い達に吹調していた。

ということがわかっています。

こちらも読まれています。

伊東純也の被害女性AさんとBさんについてはこちらになります。

伊東純也の週刊新潮の内容はデマ⁉︎についてはこちらになります。

そのような中、X氏が誰かについても話題になっています。

そこで、X氏の顔画像や名前、さらにマネージメント会社についても調べてみました。

伊東純也の週刊新潮のX氏の顔画像や名前は?

伊東純也

結論として、X氏の顔画像や名前はわかりませんでした

情報が入り次第、更新していきます。

しかし、X氏について仕事内容は以下のようにわかっています。

X氏の職業は?

スポーツマネジメント
画像はイメージです。

週刊新潮では、X氏の職業は

伊東純也選手のマネジメント担当者

ということが明かされています。

伊東純也選手の専属マネジメント担当者なら、かなり限定されそうな気がしますが・・・。

さらに2月20日、X氏が現代ビジネスの取材に応じ、

映像関係の仕事

もしていると話しています。

Aさんの芸能事務所はX氏から契約切り?

現代ビジネスで、X氏側はAさんの芸能事務所社長の音声で

(Aさんは)X氏の部屋に泊まる予定だったんだけど…

という証拠が残っているそうです。

さらに、X氏は事件前月にAさん達芸能事務所との契約を打ち切っていた事実があるそうです。

そうした中でAさん側はこの日X氏に近付こうとしたが、予定と違い伊東選手の部屋に泊まってしまったということなのか。Aさんは芸能事務所社長宛のLINEの中で、伊東選手の部屋に泊まった理由をこう書いている。

〈Xさんの中で純也さんにいい思いをさせてあげる会なのかなってちょっとなってたとこもあって〉

しかしX氏はそのようなことはまったく考えておらず、芸能事務所側を厳しく注意したという。

現代メディア

実際にAさんはX氏について

「Xさんが具体的に何の仕事をしているのかは分かりませんが、Youtubeの動画とかを使って、スポーツ関係の仕事をしているという話でした。実際、私は4月ごろ、XさんからあるYouyube動画に出演する仕事を依頼されてもいます。Xさんとはその後、社長も同席し、三人で食事したこともありました」(同)

デイリー新潮

と語っています。

さらに、週刊新潮では、

X氏は当時、スポーツビジネス分野でのコンサルティングやスポーツ選手のマネジメントを手掛ける、「D -Sports」社の社員(現在は退社)。

デイリー新潮

ということを明かされています。

X氏のマネージメント会社『D-Sports』はどんな会社?

D-Sportsホームページ

現在のX氏が勤めているマネージメント会社については、残念ながら分かっていません

しかし、X氏が当時勤めていたマネージメント会社『D -Sports』について調べてみました。

個人のスポーツ選手に対して以下の分野で活動しているようです。

D -Sportsホームページ

これらのことから、芸能業界やスポーツ業界でもかなりのやり手であることは想像できますよね。

ただ、一般人であることから、プライバシーポリシー違反にもなるため、顔画像の特定は難しいかもしれません。

本当かどうかも分かりませんしね。

X氏の代理人弁護士が降格?

謎人物のイラスト

さらに、週刊新潮より、X氏は代理人弁護士が降りているという情報があります。

実際、1月28日まで伊東の代理人だった弁護士は、「私は伊東氏やX氏と打ち合わせを重ねてきましたが、弁護方針が折り合わなかったため、代理人を辞任しました」

デイリー新潮

こちらも読まれています

伊東純也の女性側の弁護士は誰?についてはこちらになります。

ノーコメントを貫く

さらに、X氏は取材に応じない対応を貫いているそうです。

また「D-Sports」社を退社後も伊東のマネジメント担当として振る舞うX氏の携帯も鳴らしたが、こちらの取材意図を告げようとした途端に電話を切り、以降、電話には出なかった

デイリー新潮

こちらも読まれています

週刊新潮の伊東純也の記者についてはこちらになります。

週刊新潮は伊東純也選手以外にも、専属トレーナーにも性加害疑惑を報道しています。

伊東純也のトレーナーは小林直行?についてはこちらになります。

さらに、伊東純也選手の代理人弁護士にも注目が集まっています!

こちらも読まれています

加藤博太郎弁護士の評判や実績についてはこちらになります。

週刊新潮は騙されている?

加藤博太郎弁護士

2月19日、伊東純也選手側の弁護士は、女性側に対して2億円の損害賠償請求を求めて提訴しました。

その際に週刊新潮を提訴しなかった理由について、週刊新潮も騙されてしまったのではと語っています。

「週刊誌に裁判を起こしたとしても、実際にとれる額はおそらく2~300万円になってしまうと思う。今回、週刊新潮も騙されてしまったのではないかと思っている。週刊新潮も女性側の話を信じただけだと思いますので、今回は提訴の対象にはしておりません」

Yahoo!JAPANニュース

こちらも読まれています

伊東純也裁判いつ?どうなる?についてはこちらになります。

X氏が「でっち上げ」と証言!

X氏

しかし、2024年2月20日。

X氏は、事態を長引かせてはならないと、現代ビジネスの取材に応じ、女性側の被害主張を「でっち上げ」と訴えました。

①お酒の量

「週刊新潮の記事には、女性が伊東選手の部屋の中で一升瓶の日本酒など大量のお酒を飲まされ意識を失ったと書かれていますが、ウソです。

あの部屋に持ち込んだのは缶チューハイなどが数本と芋焼酎の小さなボトル1本だけでした。一升瓶などありません」(X氏)

(途中省略)

「一人当たりの酒の量は缶チューハイを1~2本くらい焼酎は、女性は苦手だと言って、飲んでいなかった」(X氏)

Yahoo!JAPANニュース

このことは、伊東純也選手側の弁護士である加藤博太郎弁護士も証拠があると主張しているんですね。

加藤博太郎弁護士

その夜コンビニで酒などを買った代金の明細だ。問題の夜に伊東選手の部屋で飲んでいたのはX氏の他に伊東選手、男性トレーナー、そして2人の女性の計5人。その酒代の合計は、おつまみ込みで「4387円」だった。

Yahoo!JAPANニュース

②裸ではなかった

さらに、X氏が伊東純也選手を翌朝、起こすために部屋に来た時、女性側は自身達は裸だったと主張していました。

「女性2人は寝ていて、部屋に入るときにすでに着ていた部屋着などを着ていました。裸ではありません」(X氏)

Yahoo!JAPANニュース

③9月に賠償金を求めてきた

そして、女性側は事件があった直後(6月)に被害を訴えたと言っていましたが、実際は9月だったそうです。

「女性側はこの日の直後に被害を訴えたと言っているようですが、そうではありません。事件があった昨年6月の時点では女性は朝まで部屋にいたことを謝っていました。それが昨年9月になって突然、性被害に遭ったとして賠償金などを求めてきたのです」

Yahoo!JAPANニュース

女性側が訴えたことと全然違いますね。

しかも、女性側は金銭の要求はしていないと主張しています。

以上、伊東純也の週刊新潮のX氏は誰?顔画像や名前は?マネジメント会社は?についてまとめてみました。

これから裁判で明らかになると思いますので、冷静に見届ける必要がありそうですね。

そして、伊東純也選手のことをこれからも応援していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ