伊東純也の性被害の証拠動画は?LINE画像や内容は?証拠8つ!

伊東純也の性被害の証拠動画は?LINE画像や内容は?証拠8つ!

2024年2月2日、伊東純也選手の代理人弁護士は週刊新潮の性加害の報道を「でっちあげ」と完全否定。

さらに、性被害があったとされる時間の動画SNS(LINE)の証拠が残っていると報道しています。

そこで、その動画やLINE画像や内容について調べてみました。

もくじ

証拠①伊東純也の性被害の証拠動画

伊東純也の代理人弁護士
Xより

2024年2月2日、伊東純也選手の代理人弁護士が性被害を否定する客観的な強い証拠動画があると報道しました。

伊東は飲み会、ホテルで女性と過ごした事実などは認めているが、性加害については否定しているという。

また同弁護士は「性被害があったとされる時間の動画がある。客観的な証拠がある」と証拠の存在を明かした。

Yahoo!JAPANニュース

その動画の内容は、女性が訴えている状況とは全く異なるものが映っていると伊東純也選手の代理人弁護士は伝えていました。

伊東純也の弁護士の証言

結論として、ジャージ姿の被害女性Bさんということがわかりました。

「週刊新潮の記事では、B子さんが性加害を受けた際、「身につけていたワンピースもたくし上げられて、胸まではだけている状態だった」と描写されており、さらに翌朝7時、X氏が4人を起こすために部屋にやってきた際、女性2人は「胸などが露わな状態」だったと報じられているが……。

A子さんもB子さんも、ホテル到着後すぐに、X氏の部屋で伊東が持っていたジャージに自ら着替えているんですよ。『こっちの方が楽だから』という女性たちの希望だそうです。

つまり、証拠となる動画と記事内容は矛盾していますよね」(加藤弁護士)

Yahoo!JAPANニュース

確かに、矛盾していますね。

証拠②女性が自虐しているLINE画像

さらに、被害女性が自虐しているLINEの証拠もあるそうです。

伊東純也のLINE画像

自虐…自分自信を傷つけ、虐げることを意味する語。特に自分をおとしめることで笑いを取るネタを自虐ネタという。

残念ながら、女性が自虐しているLINE画像はありませんでした

しかし、LINEの内容について加藤博太郎弁護士はテレビで明かされています。

女性が「楽しかった」とSNS投稿

2024年2月4日の『サンデージャポン』に出演された加藤博太郎弁護士。

その時の画像がこちらになります。

加藤博太郎弁護士

加藤博太郎弁護士は、

性被害があったとされている後に、「楽しかった」というような内容を女性がSNSに投稿していた

と明かされています。

さらに、LINE画像の中身の詳しい内容が③でも明かされています。

事後の女性側のLINE

さらに、これは週刊新潮からの報道になりますが、被害女性AさんとBさんが事後に伊東純也選手を労うようなLINEを送ってしまっていることがわかっています。

彼女たちの主張に不利に働きそうな事情はほかにもある。

二人とも事後に、伊東にLINEで〈おつかれさま〉を意味するスタンプや(Aさん)や〈また飲みましょう〉(Bさん)というあいさつを送ってしまっているのだ。

デイリー新潮

やっぱりハニトラだったんでしょうか?

こちらも読まれています

伊東純也の被害女性AさんとBさんについてはこちらにあります。

証拠③女性と複数の関係者とのやり取り

加藤博太郎弁護士曰く、女性自身が積極的にいったとわかる複数の関係者とのやり取りの証拠も残っているそうです。

伊東純也の代理人弁護士の証言

さらに、女性側から積極的にホテルに行こうとされる内容ということが分かっているそうです。

伊東純也の証拠

そこには、女性が関係者に送ったSNSがあるということですが、現在のところその画像がわかっています

画像がこちらになります。

女性が送ったLINE
Smart FLASH

黒塗りの部分は、X氏の実名が書かれているそうです。

どういう内容なのか、詳しく見てみましょう。

性被害直後に送った第三者とのLINE

加藤博太郎弁護士
加藤博太郎弁護士

さらに、加藤博太郎弁護士は、被害直後に女性側が第三者に送ったLINEが証拠と言っています。

そのLINE内容が先ほどの画像と思われます。

被害女性が送ったLINE

女子側が複数の関係者に送ったLINE内容

詳しいLINEの内容について、動画を所有する伊東純也選手と親しい関係者が語っています。

さらに、この動画を所有する関係者は、A子さんが、所属事務所社長に送信したLINEのスクリーンショットを提示し、こう語る。

女性2人の大阪行きと番組収録見学は本来、X氏を通じてテレビ局関係者2に自分の売り込みを図るという”営業”目的がありました。しかし、女性たちは寝坊して番組収録を欠席したわけです。

このLINEは、"寝坊”をX氏が怒ってるのではないか、と案じる内容だと思われます。

同じメッセージの中でA子さんは、部屋での酒盛りを『純也さんにいい思いをさせてあげる会なのかな』という認識だったと明かし、『Xさんが部屋からでていったのでむしろ任せた!って捉えるところもありました(ママ)と言っています。

何を"まかされた”と認識していたのかはわかりませんが、性加害を受けた後に送る内容としては不思議です」

YAHOO!JAPANニュース

この描写はわかりにくいのですが、女性からホテルに行って性交渉に同意したということでしょうか?

こちらも読まれています

伊東純也の週刊誌調のX氏は誰⁉︎顔画像や名前についてはこちらになります。

証拠④X氏とAさんの感情のもつれ?の証言

喧嘩する男性と女性のイラスト

また、X氏とA子さんとの間で生まれていた”感情のもつれ”について証言する別の関係者もいます。

X氏はホテルの一件があった約1週間後、”寝坊”についてA子さんを叱責したそうです。

その後しばらく疎遠になっていた2人ですが、2023年の9月ごろ、突如A子さんが”性被害”をX氏に訴えました。

そこでX氏とA子さんと、事務所の社長の3人で2回、さらにその後、A子さんの”スポンサー”を名乗る知人男性と事務所の社長、X氏の3人で2回、都合4回の会合が持たれ、謝罪を求められたそうです。

伊東から性被害を受けたと、SNSで晒す可能性をA子さんに示唆されたX氏は、約100万円の解決案を提案しましたが、”知人男性”は『A子さんは、そんな額では応じないようです』と話し、決裂したそうです。

こうした事情をよく知る関係者は、A子さんの告訴の背景には、X氏との衝突があるのではないかとみています」

Yahoo!JAPANニュース

証拠⑤女性が服を脱いでいない動画

さらに、伊東純也選手の代理人弁護士は、被害女性が脱いでいない客観的な証拠があると伝えています。

客観的証拠について語る代理人弁護士

この客観的な動画は上記で述べた『ホテルでのジャージ姿のBさん』のことではないでしょうか。

さらに、動画内容を視聴した記者から、動画の詳しい内容が報道されています。

本誌は、伊東と親しい関係者を通じ、記者が動画を視聴して問題の場面も確認した。

確かに、B子さんと思しき女性がホテルの一室で、サッカー用のジャージを着て爆睡する様子が収めれている。着衣には乱れた様子もないーー

これらは全て裁判の資料になるので、まだ動画は出ていないでしょうね。

X氏も証言

X氏

さらに、X氏も現代ビジネスの取材に応じて、女性側が裸であったことを否定しています。

その後、X氏は早々に中座して自室に引き上げ、翌朝、テレビ番組の撮影のために伊東選手を迎えに行った。そのとき、部屋で何を見たのか。  

「女性2人は寝ていて、部屋に入るときにすでに着ていた部屋着などを着ていました。裸ではありません」(X氏)

証拠⑥レシート

お酒

2月20日、X氏もこの事態を長引かせてはいけないと、証拠を現代ビジネスに語り始めました。

女性側は大量のお酒を飲まされたと主張していましたが、実際は缶チューハイ1〜2本くらいしか飲んでいない

さらに、おつまみ入れて「4387円」だった代金の明細(X氏も入れて5人分)も残っているそうです。

「週刊新潮の記事には、女性が伊東選手の部屋の中で一升瓶の日本酒など大量のお酒を飲まされ意識を失ったと書かれていますが、ウソです。あの部屋に持ち込んだのは缶チューハイなどが数本と芋焼酎の小さなボトル1本だけでした。一升瓶などありません」(X氏)

(途中省略)

「一人当たりの酒の量は缶チューハイを1~2本くらい焼酎は、女性は苦手だと言って、飲んでいなかった」(X氏)

Yahoo!JAPANニュース

証拠⑦Bさんの録音音声

事件当時、実際に事件を目撃しているのはBさんだけになります。

  • Aさんは「性被害を受けている間の記憶がほとんどなかったのですが、なにが起きたのかをBちゃんに聞かされて愕然となりました」と告白。
  • Bさんは「○行為中の記憶はないが、○行為をされた後のような感触があった」「隣のベッドでAちゃんが犯されているのはわかりました」と説明。

しかし、Bさんが事件後には全く違うことを話していたと、伊東選手側は主張しています。

その証拠が、問題の夜からしばらくして、Aさんの知人男性がBさんに事情を聞いた時に録音されたものになります。

「一番近いところにいたBちゃんに、客観的にいろんなことを全部、聞いてみたいと思って」  

「そうですね、はい」  

そんなやり取りから始まる録音の中で、Bさんとされる女性の声は時折笑いも交え、落ち着いて聞こえた。

まず伊東選手の部屋での雰囲気について、Bさんとされる女性はこう語った。

「もうみんなで普通に、Aももちろん一緒に、同じホテルの部屋で飲み始めたんですね」

しかし飲み会が始まったのは深夜。Bさんはすぐ寝てしまったという。

男「隣で何かあったとしてもわかんないよね」

B「あったとしてもー(笑)、ほんとに」

男「おい、ぐっすり寝過ぎだろ、Bちゃんも」

B「あーはははは(笑)、いや間違いないです、ほんとに」

そして質問が核心に及んだ。

まずBさん自身の性被害について。週刊新潮の記事では、Bさんは男性トレーナーに身体を舐められるなどしたと証言している。しかし録音の音声ではこう語っていた。

男「(男性トレーナー)と寝てたの? あなたは」

B「いやいやいや、ほんとに1人でぐっすり寝てたと思う」

男「(男性トレーナー)の腕枕で、Bちゃんが寝てたとかじゃなくて?」

B「それは絶対にないです。フフフ、絶対にない」

そしてAさんと伊東選手の間に何があったかについて男性が質問した。

「(Aさんは)実際に、その伊東選手とヤってる、ヤっちゃってるみたいなことは言ってきてる?」

それに対してBさんと思われる声は、即座にこう答えていた。

「ああ、言ってないです。言ってないです」

現代メディア

つまり、Bさんは爆睡していただけで、Aさんも性被害を訴えていなかったと言いたいようですね。

知人男性が怪しい?

しかし、現代ビジネスの取材内容では上記の録音が、一方的な証拠であり、不可解な点があるとも言っています。

まとめると、

  • 性被害に遭った女性が直後に素直に被害を訴えられないこともある(性犯罪に取り組む弁護士より)
  • Bさんにとって録音の聴き手の男性(知人)は、性被害を打ち明けられるような相手ではなかった?
  • Bさんには性被害を言い出せない事情があった?
  • もし伊東純也選手側の主張が正しいとすると、なぜ女性達はわざわざ刑事告訴をした?

知人男性が、後から録音しに行ったのも気になりますよね…

証拠⑧Aさんの所属事務所社長の音声

Aさんの所属事務所の社長は、

(Aさんは)X氏の部屋に泊まる予定だったんだけど……

という音声が残っているそうです。

X氏は、伊東純也選手のマネジメントの他に

映像関係の仕事

もしているそうです。

しかし、事件の前月Aさんの芸能事務所は、X氏が勤めていた会社から契約を打ち切られています

そうした中でAさん側は、事件当日X氏に近付こうとしましたが、予定と違い伊東純也選手の部屋に泊まってしまった?とX氏は話しています。

そして、伊東純也選手の部屋に泊まった理由の先ほどのLINEを、所属事務所の社長にしていたと主張しています。

被害女性が送ったLINE

しかし、X氏はその気はなく、芸能事務所側を厳しく注意したそうです。

その後、Aさん達が性被害を訴え、刑事告訴をした流れになっています。

代理人弁護士が伊東純也の思いを代弁

伊東純也の代理人弁護士

同弁護士は「本人(伊東)としては、こういうでっち上げで(日本代表を)離脱する、妨害できるという前例はつくってはいけないと思っています。私としても、早く本人がプレーに集中できる環境をつくっていく必要があると考えています。アジア杯というタイミングを狙って、というところは非常に悪質性が高いと考えています。したがって虚偽告訴で告訴、という重大な措置を取らせていただきました」と語っていた。

Yahoo!JAPANニュース

こちらも読まれています

週刊新潮の報道内容はデマ⁉︎についてはこちらになります。

加藤博太郎弁護士の評判や実績についてはこちらになります。

被害女性の代理人弁護士が「虚偽告訴ではない」と主張!

弁護士のイラスト

しかし、2月2日夕方、今度は被害女性の代理人弁護士が虚偽告訴ではないとコメントしています。

これを受けて2日、女性側の代理人らは「客観証拠を確認し被害深刻の裏付けを十分に行なっていますので、虚偽告訴ではないと確信を持っている」などとするコメントを発表しました。

(途中省略)

(女性側の代理人コメント)「性被害により、1人にPTSDという重大な結果、もう1人にも心身に重大な支障が生じていたことが判明しました。(きのうの伊東選手側の告訴で)被害者らは更なる精神的苦痛を受けています。」

そして、刑事告訴については、十分に裏付けを行なっているとしました。

被害者らからの聴取のみならず、関係者からの事情聴取、そして関係者間のやりとりのLINE等の客観的証拠を確認し、裏付けを十分に行なっておりますので、虚偽告訴などではないと確信を持っております」

Yahoo!JAPANニュース

双方の主張で、余計にわからなくなりましたね。

被害女性の代理人弁護士はLINE内容や金銭要求を否定!

弁護のイラスト

さらに、被害女性の代理人弁護士はLINE内容や金銭要求に対して否定しています。

A子さんが、所属事務所社長にそのようなLINEを送ったのは事実です。

しかし、A子さんが『任された』と主張する内容は、酒盛りの場でお酒を飲むことだと認識しています。

また、ジャージについては、A子さんが伊東の部屋でジャージを着ていたのは事実ですが、B子さんは記憶がおぼろげであり、’(「週刊新潮」でのワンピースを着ていたという記述が間違いないかは)取材期日までに確認できません

X氏とA子さんらの話し合いについては、A子さんはあくまで加害者2人とX氏の3人による謝罪を求めていたのであり、自ら金銭を要求しことは、いっさいありません

Yahoo!JAPANニュース

と、真っ向から対立する言い分になっています。

こちらも読まれています

伊東純也の女性側の弁護士は誰?についてはこちらになります。

LINEはトレーナーの指示で送信したと主張

Aさんのイラスト

さらに、週刊新潮で、AさんはLINEを送ったのはトレーナー男性の指示と主張しています。

「私たちはなにも好き好んで、伊東さんにLINEを送ったわけじゃない。

二人ともトレーナーの男性に”すごい選手なんだから、連絡先を交換しておいた方がいい”などと半ば強いられて、伊東さんにメッセージを送らされただけなんです」

デイリー新潮

こちらも読まれています

伊東純也のトレーナーの小林直行についてはこちらになります。

こちらも読まれています

週間新潮の伊東純也の記者についてはこちらになります。

以上、伊東純也の性被害の証拠動画は?LINE画像や内容は?証拠8つ!についてまとめました。

これから裁判で明るみになっていくので、客観的に見守っていくことが大切になりそうですね。

これからも伊東純也選手を応援していきましょう!

こちらも読まれています

伊東純也の裁判はいつ?どうなる?についてはこちらになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ